→
オーダー家具・オーダーキッチン製作 - 家具工房ツリーベ

2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116

2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116

柱の形に天板を抜いて、ぴったりと柱に沿うようなステンレス天板のキッチン

2,000,000円~

新潟県Y様の新築住宅へオーダーキッチンを製作しました。Y様のおうちづくりのお話しを伺ってみると、「キッチンの形」がどうしてもオーダーメードキッチンでないと、希望の形にならないという事でした。この位置に柱があることは、アイランドキッチンのあるDKの計画ですとわりとよく見られることです。アイランドキッチンによくある悩み・・・でしょうか。
Y様のご希望はこの柱の位置を基本にアイランドキッチンのサイズを決めつつ、柱の位置と同じ幅、同じ奥行でぴったりとキッチンを配置し、無駄なく空間を活用、かつ美しく見せたい、でした。こういうご希望、得意ですのでお任せください。キッチンの一部を柱の形に沿って天板を製作する計画、ダイニングカウンターとしての活用、ができるように設計し、おつくりしてゆきました。
一番上のコチラの写真をご覧頂きますと、逆光という条件も重なり、は2本の柱が全く気にならないかと思います。キッチンの一部に柱を取り込んでしまうことで、このように柱が気にならない空間づくりも出来ますね。
  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-1

    左右対称な柱とキッチンの関係。レンジフードと水栓金物、そして住宅の壁にお付けになった棚などがシンメトリーな空間にプラスされたアクセントで素敵です。

  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-2

    柱が左右のこの位置にあるので、邪魔になりがちですが、このようにキッチンの一部に取り込むことで、一段グレードアップした空間に。この位置の柱、お住まいになられてからも、ガーランドを吊るしたり柱に棚をつけたり・・・いろいろアレンジ可能そうで、楽しそうな空間になったんじゃないかなぁとワクワクしますね。暮らしていく中で、足したり引いたりたくさんできるのが、柱や壁のある空間の魅力ですね。

  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-3

    ちょうどぴったりと収まりました(がんばって、こうなるように設計し、計測し、製作しました)

  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-4

    まるでゲートデザインのよう。抜けない柱もキッチンとぴったりサイズと位置なら、あえてそうした設計のように。無駄がない設計。

  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-5

    水栓金物は2本。左側の1本は、デルタ・タッチ水栓。右側は、グローエxクリンスイ浄水器兼用水栓。左側は水道水専用、右側は水道水と、カートリッジを通った浄水を出し分けることができるということになります。左奥には、スポンジ置き場・洗剤置き場。

  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-6

    IHクッキングヒーターはお掃除しやすいドイツ・AEGのもの。極力まで出っ張りを無くしたデザインなので、本当にお掃除がしやすいですね。私も使っていますのでいろいろといいことづくしなのを感じています。こちらを当工房にての製作の方には、ご予約頂きお越し頂けますと実物をご覧頂きお話を詳しくご説明可能です。

  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-7

    ベベルデザインなのも(角が四つ角で面取りしてある)のも一番お掃除しやすいポイントなんですよね。かつ、美しく見えます。最初だけ綺麗。なんじゃなくて、10年後30年後もお掃除していれば綺麗。なのがよいキッチン。もちろん、10年くらい経ってくると(家電なので当たり外れありますが、5年から20年くらいで壊れます)交換時期にIHクッキングヒーターはなりますが、それまで綺麗につかいたいものですよね。IHのガラストップを埋め込んだり・・・などとする場合もあるようですが、料理している食べ物がこぼれて、油がはねて、などが起こってそれが流れる方向、汚れる方向っていろいろなんです。だからいろいろな汚れ方、に対応できるように、オススメの収まりやデザイン、見せ方、ってありますね。もちろん、デザイン的に埋め込んだり、冒険したい場合にも、メリットデメリット等をご説明しご納得頂けますと製作可能です。いい冒険と、悪い冒険、って、家づくりにはありますね。

  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-8

    マットな質感のバイブレーションサンダーのステンレスキッチン天板と、同じくマットなチェリー無垢材の引出したち。このスーパーマットな質感で水に強いのが当工房の無垢の木のオーダーキッチンです。もちろん、ナチュラルなオイル仕上げも可能ですので、ご家族構成や使い方などをご相談下さい。多くの方がマットウレタン塗装ですが、オイル仕上げも無垢のオーダーキッチンにも可能です。

  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-9

    高さ37cmのものも入る深めの引き出しのある、IHクッキングヒーター下すぐの引出し。フライパンを立てての収納も、ビン類もペットボトルも高めの物も入ります。お玉や調理ツールも立てて入りますね。アイランドキッチンはいかにスッキリ見せて置くか、ですので、たっぷり収納は大切です。

  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-10

    柱も入れると奥行35cmくらいあるカウンター下。カウンターチェアを置いてダイニングカウンターとして食事利用にもちょうどいい奥行。

  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-11

    フラットなアイランドキッチンの隅に位置する大切な柱。柱と一体になった、オーダーキッチンならではの空間利用。

  • 2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116  イメージ-12

    ステンレスキッチン天板は奥行は柱も入れて全部で102cm。このくらいあると迫力あります。床や柱の色もブラックチェリーのキッチンに合わせてくださって、とても似合っていますね。

2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116

価格 2,000,000円~
サイズ W2834 x D1020 x H900
素材/仕上げ ■ステンレス バイブレーションサンダー仕上げ
■チェリー(ブラックチェリー) マットウレタン塗装
ほかの色々な種類の木でも製作いたします。
お気軽にお問合せ下さい。

素材について詳しくはこちら
備考 日本全国オーダーキッチンを納品しています。

こちらのアイテムは
【2か所に柱を取り込んだフルフラットのアイランドキッチン 5116】
とお問い合わせください。

TEL: 0256-64-8722

FAX: 0256-64-8723

● ご注文時はご一読ください ●

制作事例

order_kitchen_case